Staff
坂本健三の画像

ポアールの種

目指すは日本一!
尽きないお菓子への情熱。

坂本健三

誰も信じないかもしれませんが、入社当初、私はお菓子づくりに興味がなかったんです。
辻製菓の専門学校を出てから、縁あって19歳でポアールに入社したものの、
仕事としてお菓子を作り、好きとか面白いとか思うこともなく淡々と働いていました。
毎日、挨拶の仕方から敬語の使い方、そしてお菓子の基本までまさに「叩き込まれる」という感じで教えられましたが、
その苦しい修行の中に、いつも厳しい先輩たちの愛情を感じていました。

当時は今よりも職人気質の頑固者が多く、技は見て盗め、という世界。
でも努力していればきちんと見ていてくれる。認めてくれる。
厳しく叱られた後は、「飯でもいくか」とよく連れて行ってもらいましたね。
まわりに支えられながら私はいつしか自分のイメージしたものが形になっていく面白さを感じはじめたのです。

それからは、一通りの部署を経験。

今ではポアールの全商品を作れる数少ないひとりになったなんて、自分でも信じられません。
お菓子づくりの面白さは、気持やこだわり、人と人が触れあうことで初めて出来上がるところ。
ただ形にするだけなら、毎日やっていれば誰にだってできるんです。
だから定番のケーキだって、もっともっと良くすることができると思っています。
もっと上にいきたい、いいものを作りたいという思いは尽きることがありません。

目標は、ポアールを日本で一番有名な店にすること。
まだまだ頑張らないとですね!

オフの日の私

オフ写真

趣味は車。
ドライブが好きなので、配達の時間もけっこう楽しんでいます。
休みの日は近所をドライブしたり、家族と過ごして息抜きをしています。

私のスペシャリテ

フララ

フララ

現在はショコラティエとグラシエを任されていますが、やっぱり焼き菓子にもプライドと愛着があります。
一番は決めがたいけどやっぱりフララかな。
シンプルな配合、シンプルなおいしさ。最高です。