Staff
奥田篤夫の画像

ポアールの種

変わらない強さと、
変わってく面白さ。

奥田篤夫

私が入社した昭和50年代、聖天坂の工場は寮でした。
職人も販売の子もみんな住み込みで、寝る時間以外はずっと一緒。
修行は厳しくても、勢いがあって充実している。そんな時代でした。
ポアールと同時期に関西でもいくつかの洋菓子店ができて、みんな百貨店へ出店したり、
全国展開をするなど、どんどん規模を広げていきました。 しかし、ポアールはそうしなかった。
商品とお客様にきちんと目を配れる範囲を守って、丁寧な物づくりをする。
そんな変わらない姿勢を貫く、ポアールのやり方が私はとても好きです。

また、ポアールの良さは、やはりレベルの高い職人がたくさんいることです。
各部署の責任者が、それぞれ一般の店でいえばオーナーシェフクラス。
得意分野を磨いたベテランたちが集まって、ひとつのケーキを作り上げるからひとりの限界を超えた、
素晴らしいものを作り出すことができるのです。
そんな層の厚さが、ポアールならではの強みだと思います。
悩んでいたらみんな力を貸してくれます。とても心強いですね。

いま私は製造だけでなく、スタッフの採用にも携わっていて、
会社訪問に来た学生さんに説明をしたり、工場を見学してもらったりしています。
ポアールの現場を見た製菓学校の生徒さんたちは、
学校で習ったのと全然違う!こんな裏技があるんや!なんてビックリしている。
そんな光景を見て、ふとやってみたいと思ったのが、お客様向けの工場見学です。
お菓子に興味があるけど、学ぶ機会がない方もいるのではないだろうか。
そんな方々に、お菓子づくりの素晴らしさを伝えたい。
スポンジを焼くところから、ケーキが出来上がるところまで見てほしい。
きっと面白いし、感動すると思います。
これはいつか実現してみたいですね。

伝統の技術を守りながら、常に新しいものにも挑戦していく。
そんな姿勢を大切にして、これからも魅力あるポアールをつくっていきたいです。

オフの日の私

オフ写真

いつも忙しいので、頭を空っぽにしてぼーっとできる時間が幸せ。
最近はTVでよく将棋を見ています。

私のスペシャリテ

クレーム・ド・ショコラ

チョコレート好きの私のイチオシは、クレーム・ド・ショコラという濃厚なチョコレートケーキ。
残念ながら今は作っていないのですが、
寒い時期にぴったりのケーキなので、冬には復活してほしいですね。