どんなに些細な行程でも、責任をもってやりとげたい。

前へ
次へ
ケーキ好きが高じて、ポアールのパートをはじめてはや8年。
焼き菓子の袋詰めや、プチシューにクリームを詰めたりする簡単な作業ばかりですがとっても楽しんで働いています。
単純作業とはいえ、ひとつひとつを完璧に綺麗に仕上げるのは難しいこと。
精一杯、きれいに、正確にやろうと努力しています。
私がやっているのは、ひとつのお菓子ができあがるまでの長い長い行程のほんの一部ではありますが、その一部が不完全だと、
たくさんの職人が一生懸命やってきたものまで、ダメになってしまう。
だから、私が担当しているほんの一部でも、確実に仕上げたいと思っています。
よく、同じ作業ばかりで飽きないの?なんて言われますが、むしろ楽しいですね。
それに同じ作業をひたすら続けることで、上達する機会を与えてもらえていることにも感謝しているんです。

まわりで働いている職人には、私の娘と同い年くらいの方もたくさんいます。
そう考えると、みんな厳しい環境でよくやっているな、とつい親心になりますね。
「ま、いいか」は全く許されない。ちょっと向きが違ったり、色が違うだけでやりなおし。
先輩たちの高い要求になんとか応えようと、必死に頑張っている若者たちの姿を横目で見ながらいつも心の中で応援しています!!
ですから、久しぶりに会う子が成長してプロの顔つきになっているのを見た時は本当によくがんばったな、と嬉しくなっちゃいます。

ポアールは私が高校生の頃からあるお店。
最初に食べたときは、人生初めての生クリームに大感激しました。
あの時の感動を、また他の誰かに与えるお手伝いができていると思うととても嬉しいです。

わたしのスペシャリテ

モンブラン

モンブラン

トランセとモンブランが好きです。家族みんなで食べるように注文するときは、モンブランの大きなホールケーキをお願いします。

もうひとつの顔

最近英会話をはじめました。英語でボランティアの観光ガイドができるくらいになりたいです。

帝塚山ポアール 採用情報