“ポアールの顔”としての接客。

前へ
次へ
本店には何十年もポアールのファンというお客様が、多数ご来店されます。
中には週に何度も来てくださる方も。
そんな方々に、その場しのぎのサービスは通用しません。
毎日の習慣、仕事に対する想いがそのまま出てしまいます。
また、週末には若いカップルなど、雑誌をみて初めてポアールに来られる方もいらっしゃいます。
初めてのお客様にとっては、その日の私たちの接客が、ポアール全てのイメージとなるでしょう。

そんな歴史ある本店に、ふさわしい接客をつくりあげていくことが私の大切な仕事です。
大切なのはお客様のご要望に誠意を持ってきちんとお答えすること。
挨拶や掃除など基本的なことを、心を込めてやり続けること。
いずれもサービスの基本、あたりまえのことですが、でも毎日きっちり続けることこそ、という思いを持ち続け、日常の何気ないルーティン業務にも、真摯に向き合っていくことが大事だと思っています。

また、本店はアトリエ併設なので、職人と販売スタッフたちの距離が近いことも大きな特徴です。
だからこそ、新しいスイーツへのこだわりをきちんと聞いてお客様へ伝えたり、逆に、お客様の喜びの声やご意見などをアトリエに伝える役割も大切。
商品数の多い本店だからこそ、ディスプレイにも毎回気を使い、いつも新しい発見がある店、商品の良さを発信する中心地となるよう心がけています。

わたしのスペシャリテ

和栗のモンブラン

和栗のモンブラン

自分で食べる前は、こんなに高くて売れるだろうか、と心配になった商品。でも、ひとくち食べて、あまりの美味しさに自信を持ちました。案の定、非常に人気が出て、楽しみにされている方も多く「まだ出ないの?」なんてお問い合わせもよく受けるケーキです。

もうひとつの顔

サッカーの試合は見逃せません。仕事が終わって疲れていても代表戦は明け方まで見てしまうことも。今一番注目は、やっぱりマンチェスターユナイテッドの香川選手ですね!

帝塚山ポアール 採用情報