職人を断念したからこそ、新しい道が見えた。

前へ
次へ
製菓学校を出て職人としてポアールに入社したのですが、もともと腕が弱かったのか腱鞘炎を煩ってしまい、病院に通ったり、1ヶ月お休みをもらって様子を見たりしましたが回復せず2年目を過ぎたあたりで職人を続けることができなくなってしまいました。

辞めなくちゃいけないのかな、と考えていた私に、上司が「売店の方でやってみないか」と声をかけてくれたのです。
それからは、販売スタッフとして、本店での販売や、厨房でランチを作るなど、いろいろな経験をさせて頂きました。
職人を続けられなかったことは悔しかったですが、おかげで、私ならではのできることを見つけたのです。

職人だからこそ、ケーキの良し悪しを判断できたり、お客様からのデコレーションのご相談にも具体的に乗ることができます。
また、ランチをつくる厨房の作業体制を効率よくなるように提案するなど、意外にも販売でも職人時代に学んだ経験が活かせたのは嬉しかったですね。
また、販売に立つことで、お客様と接する楽しさを知ることができました。

マイナスをプラスに変えていく人が多いところがポアールの良さ。
私の良いところをちゃんと引き出してくれた、社長や先輩方には本当に感謝しています。
これからも、製造部と販売部の橋渡しができるスタッフとして私ならではの新しい提案をいろいろしていきたいです。

わたしのスペシャリテ

トランセ

トランセ

トランセが一番好きです。シンプルなクリームにシンプルなチョコスポンジでのみ、これが本当に美味しい。シンプルでわかりやすい。素晴らしいケーキです!

もうひとつの顔

スヌーピーが大好きで、たくさんのグッズを持っています。お気に入りはぬいぐるみ。

帝塚山ポアール 採用情報