ごあいさつ

創立当時~

美味しい物を求めて…父が造り酒屋を営んでいた事もあり、こだわったものづくりの道に進みたいという思いがありました。いろいろ考えましたが最終的には甘党という事もあり、生クリームでさえ高級で珍しい当時、それをメインに高級洋菓子『本物』に 取り組みたいとの考えから辻調理師専門学校に行きました。その後、本場の空気に触れてみたいとの想いでヨーロッパに行き、その経験からヨーロッパの歴史ある本物の菓子をつくる確かな姿勢を表し、お客様に覚えやすいものをと1969年の創業時に瑞々しい西洋梨『ポアール』と店名を名づけました。

 

最初は、4~5人のスタッフで始め、その後あちこちから様々な人に来ていただいて、10人、20人と次第に増えていきました。とにかく当時は一生懸命にやるだけ。必死になりながら『絶対的に美味しいものにこだわる』『お客様の最高の笑顔を見たい』 ただこの思いでここまできました。我ながら「よくやってきたなぁ」と思います。

感謝

ポアールを支えてくれている職人をはじめ多くのスタッフ、そして何より、ポアールの味を支えてくださっている多くのお客様に 心から感謝しています。そしてこれからも皆様に愛されるポアールを目指してがんばっていきたいと思います。

代表取締役会長 辻井 良朗

株式会社ポアール 代表取締役会長 辻井 良朗

お菓子は必ず人を『ポジティブ』にしてくれるものだと思うんです。悲しい時でもホッとさせてくれる、楽しいお誕生日にはさらに盛上げる名脇役にもなれる。もともとそういう演出効果を持った商品ですから、お客様は必ず期待を抱きながらご来店されるはず。当然何かしらの感動を付加したいですね。お客様の期待を超える感動を提供出来るかどうかは、お客様に対して期待以上に『裏切る』という意味であり、特別な何かを期待させる特別な場所になれるかどうかだと思うんです。
その原点は当社の会長から学びました。会長は食べていただけるお客様からの“美味しい笑顔”を引き出す為にそれはもう常に全てにおいて真剣勝負なんです。
私が現場の一職人からこの立場になり『本当に大変だなぁと思う反面これほど楽しい仕事は他にはないな』と感じている今、会長が始めたお菓子に対する原点を、最近やっと感じる事が出来てきたような気がします。
自分はスタッフに恵まれているなあと感じています。それぞれの『こうなりたい』という個性の柱と皆の菓子に対する大きな情熱がポアールの屋根を支えているのだと感じます。

 

今、基盤をさらにしっかりさせる事、支えてくださる大切なお客様の信頼にしっかり向き合う事が一番大切だと思っています。
食に携わる者として大きな信頼を頂く為にプライドをしっかり持ち、食の奥深さと楽しさをどれだけ発信できるか、ポアールとしてのアイデンティティを大切に守り、しかもさらに育て続けるる事が今まで支えて頂いたお客様やこれからファンになって頂けるかもしれないたくさんの方々に対してのポアールの使命であり、お客様から長くご支持をいただく秘訣になるのかと思います。

 

現在のポアールがあるのは、お客様の期待感が絶えずポアールを押し上げてくれたからです。だからこれからもそれに応え続けなくてはなりません。それにはやはりこちら側が菓子づくりをホントに楽しむ事、『お客様が喜んでくれる美味しい笑顔がそこにある』と信じるだけで仕事がどんどん楽しくなるはず、そんな気持ちと情熱で菓子づくりに励めばおいしくならないはずは無いのですから・・・。
お客様の常に半歩先を目指すことで、お客様の期待を『心地よく裏切る』事がポアールの使命です。

代表取締役社長 グランシェフ 辻井 良樹 代表取締役社長 グランシェフ 辻井 良樹

株式会社ポアール 代表取締役社長 グランシェフ 辻井 良樹

  • 企業理念
  • ごあいさつ