最後のひとくちまで、愛して。

バニラの香りが鼻孔をくすぐるひとくちめから、
すべらかな粉が跡形もなく舌でとろけてしまうラストまで
圧倒的なおいしさを保ち続けること。
どんなに斬新なスイーツであろうとも、
途中でくどくなることなく、
最後のひとくちまでしっかりと美味しい。
それがポアールのお菓子の神髄。

 

「もうひとくちだけ食べたい」
そんな欲望を掻き立ててしまうことを
密かに狙いつつ。

帝塚山ポアール
  • 企業理念
  • ごあいさつ